さい帯血保管

さい帯血保管について

「さい帯血」は、お母さんと赤ちゃんをつないでいる、へその緒の中にある血液のことです。
さい帯血の中には、神経・筋肉・臓器・血液・骨・皮膚など、体をつくるもととなる細胞が豊富に含まれています。
様々な能力をもつ細胞を多く含んでいることから、再生医療・細胞治療として注目されています。
例えば白血病や脳性麻痺や低酸素性虚血性脳症、自閉症など様々な研究が国内外で進んでおります。
さい帯血は我が子の万が一に備えて保管します。

さい帯血の保管料は10年間の保管で21万円(税抜)です。
この保管料が保管施設の厳重な運営、さい帯血の分離作業、さい帯血の運搬などに充てられます。
保管期間の10年を1ヵ月あたりに換算すると、保管料は1ヵ月で1,750円になります。
タバコを1日に1箱吸う方でしたら、1ヵ月で比較した場合、さい帯血保管料の7倍程の費用が必要となります。
そう考えると、さい帯血の保管料は決して高額とは言えないのかもしれません。

当院はさい帯血の採取に協力しております。

詳しくはステムセル研究所のホームページをご覧ください。
http://www.stemcell.co.jp/

お問い合わせは
こちらから

当院ではより便利にご利用いただけるよう、WEBでの予約・受付システムを導入しております。
診察券をお持ちでない方は診療時間内にお電話にてご予約お願いいたします。

お電話のご予約も承っております TEL:042-621-6203
contact_tel.png
24時間受け付けております WEB予約
問診票ダウンロード
tel_sp.png
24時間WEB予約
採用情報 浜田山ふじわら眼科